ビジネスマナー研究所 top > 『選ばれる』研修講師 藤村純子が独立するまで②

『選ばれる』研修講師 藤村純子が独立するまで②

藤村純子が独立するまで②

社内リーダーを育成し、会社の文化を共に創る!

リピーター創りの専門家

接客戦略コンサルタント の 藤村純子です。

 

数年の充実した日々を送った後、
最初にお話ししたように
祖母とは母の入院が重なって、
当時在籍していたANAを退職しました。
2つの病院を行き来する介護生活が始まり、
人生目標をふと見失うこともありました。
そんなとき、母の病院で、
ある看護師さんが私にこう仰ったのです。

 

 

「あなたに言われると、なんでも気持ちよく
やってあげたくなっちゃうのよねぇ」

 

 

母や祖母に少しでも快適な入院生活を
送ってほしいという願いから
ベットの位置や手術の順番を先生や
看護師さんにリクエストすることが
多々ありました。

 

 

内心、「うるさい付き添いだと思われてないかしら…」
と心配していたわたしは、ホッとすると同時に
「そう言えば、お洋服屋さんやレストランでも、
お店の方からそんなふうに言っていただけたことがあったな」と思い出しました。

 

 

21歳の時から航空業界で徹底して身につけた接客力は、
「接客者としてのわたし」だけでなく、

 

「お客さんとしてのわたし」
も助けてくれていたのです。

 

ほどなくして私がCAを仕事にしていことを
知った看護部長さんが
「うちの病院で接遇マナーを教えてくれない?」と

 

 

仰ってくださって
わたしの研修講師としの道がスタートしました。

 

 

2か月の準備期間をいただき、
1本指でパソコンを叩きながら資料を
つくり、始めての医療接遇研修にチャレンジ。

 

 

終了後、先生や看護師さんから
「すごい良かったよ!」とたくさんの
お褒めの言葉をいただきましたが、
撮影していただいた写真を
見ると、どの写真も「資料を読んでいる私」
の姿が写っていました…

 

 

これが私の講師人生の始まりでした。
もっともっとブラッシュアップしたいと思うと同時に、
拙い私の研修でも

 

 

「すごい良かった」と言って、
喜んでいる先生たちを見て、
受ける側もアンテナを張り、
感度を高めていれば、たくさんのことを
吸収できる「聞く耳を持つこと」の大切さも学んだのです。

 

 

 

そんな日々を送り、
母も退院したころ、ANA時代の上司に声を
かけていただき、ANAの研修会社に就職しました。

 

 

①既に医療接遇研修講師の私のファンになっていただだいた方々への研修
②ANA研修会社での講師
③ANA研修会社での事務、コンテンツづくりや営業活動

 

 

この3つの活動を軸に
「絶対にお客様に『良かった』と思ってもらえる研修にしたい!
「満足のいく研修にしてリピートして欲しい!」
そう強く思っていた私は我武者羅に働きましたし、
更に祖母の看病もありました。

 

 

そんな私の様子を見かねた先輩が
「忙しすぎるんじゃないの?」と声をかけくださったことを
きっかに自分の現状を振り返りました。

 

 

悔しい気持ちを抱えながら、
覚悟して退職した大好きなANA。
研修講師として復帰し、大好きな上司や仲間がいる職場。
働ける喜びを噛みしめながら、感謝する毎日。

 

 

ですが、
「本当に私は研修会社で講師をしたいんだろうか…」
実はそんな気持ちを持っていたことに気づきました。

 

 

たくさんの研修講師の経験を通して、
見えてきた本当に
私の好きなこと、やりたいこと。

 

 

それは、TVCMや雑誌広告もできないけど、

 

「接客力を上げることで、お客様に喜んでもらえる、
売上を上げていきたい」
そう考えて、
1年間365日毎日、
わたしに連絡を下さるお客様たちの存在。

 

 

ANAという大企業ではなく、
「藤村純子」を頼ってくださるお客様たちと
一緒に接客を通して企業文化を創っていく。

 

 

それが、私の本当に望んでいる仕事だ
ということに気づいたのです。
その気づきによって、私は独立を決意したのです。

 
1300名の経営者様、接客リーダーの方々にお読みいただいている
メルマガ登録はこちらから

※接客リーダーとは?
接客を学び、体得し、ほかのスタッフを巻き込み、育て根付かせていく企業内リーダーです。
詳しい事例はこちらから

商品も変えず、営業マンも増やさず、売上UP!!
したい経営者・経営層向けの講演会も行っております。
詳細は
こちらから

 

冊子・資料請求

お問い合わせ メルマガ 小冊子無料プレゼント